プロフィール

一鶴あるじ

Author:一鶴あるじ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
無料カウンター
デリヘル出会いアクセスランキング出会い系サイト
Today:

Yesterday:
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
まずは服装から。特に指定はないようですが、あまり派手な色や
スタイルは避けたほうが無難です。
これはお寺の住職や他の檀家さんに対してのマナーと言えそうです。

持ち物としては、掃除用具、お供え物、そしてお参り用品が必要です。
掃除用具はタワシやほうき雑巾、ひしゃくに手桶、ゴミ袋など。
ひしゃくや手桶などはお寺で貸してくれる場合もあるので
事前に確認しておくといいです。

お供え物は、お花と故人が好きだったお菓子や飲み物、季節の果物など。
お皿代わりにそれらを置く半紙も用意していくとベターでしょう。

供花としては、芯がしっかりして倒れにくく、日持ちもする菊や
ユリなどが一般的ですが故人の好きだった花や色を選んで差し支えないとか
ただ、バラやあざみのように棘のあるものポロッと花首が落ちてしまう
ようなものは避けたほうがよさそうです。お参りをするときに使うのは
お線香、ろうそく、数珠、マッチやライターなどです。


【本堂のご本尊にお参りしてからお掃除を】

手順としてはお寺の中にあるお墓の場合は、まず本堂のご本尊にお参りを。
このご本尊様がお墓を守ってくださっているからです。

そして手桶とひしゃくの用意をし、手桶に水を汲みます。
このときに手も洗い清めてからお墓に行きましょう。

お墓についたら、まずすることはお掃除。枯葉やゴミなどを取り除き、
墓石もキレイに磨きましょう。汚れがすっきり落ちるように
タワシでこするもよし、墓石をご先祖様の体と考えて丁寧に雑巾で水拭き
するもよし。このときも大切なのは、自分なりにご先祖様を想う気持ちです。

掃除が終わったら墓石に打ち水を。そして花立てに水を入れ、お花をお供えます
風で倒れたりしないよう花バサミで短めに切ってからいけると◎。


【お供え物は「させていただく」もの】

花立がひとつの場合は墓前に向かって左側に置きます。お花の向きは、
正面が手前(墓石と反対側)にくるように。「仏様に物や心を捧げることは
そのまま仏様から私への恵みであり、神仏の加護や人とのつながり、
自然や宇宙の働きによって、この生が私たちに授けられているのだということを
知るため」にこちらを向けるということです。お供え物をすることによって
「無言の説法」を受けている、という解釈なのです

お供え物はしてあげるのではなく、させていただく行為であるということを
心に留めておきましょう。お菓子や飲み物は半紙の上に置きます。
「故人が好きだったから」とお酒を墓石にかける人もいるようですが
墓石の変色やシミの原因にもなるのでNGなようです。

お供えをしたら、お線香を手向けましょう。束のまま着火し、
手で仰いで火の勢いを落ち着かせます。このときに口で吹き消さないように
注意!人の口は悪業を積みやすく、けがれやすいものだからです。
横に寝かせる場合は、火が左から右に燃えるように置きます。
お線香にはよい香りを仏様に献上するという意味があるので、
自分が香りがよいと思うものを探してみるのもいいです。

それから、ひしゃくで墓石にたっぷりと掛け水を。水を掛ける行為には、
墓石のお清めやあの世の飢え苦しみからの救い、またご先祖様を早く
自然の流れに戻してあげる、などの意味があるそうです。


【感謝の気持ちを込めて合掌する】

そして合掌礼拝。墓石の正面で、自分の体が墓石より低くなるようにして
手を合わせます。お願いごとをするのではなく冥福を祈り、
題目を唱えたり感謝の気持ちや報告などを心の中で語りかけましょう。

合掌は右手を仏様、左を自分と考え、左右の指までぴったりと合わせて
仏様と自分が合体してお祈りをしているイメージで。指先はだいたい鼻の高さ、
顔よりこぶし1つ分くらい前の位置が正式なようです。

数人でお参りをする場合は、故人と縁の深い者から順番に。
自分の家のお墓参りは、都合がつくなら家族全員で揃って行きましょう。
その際は、祖父、祖母、父、母、長男......という順で行ないます。
家族の和、一体感が感じられ、ご先祖様を偲ぶ気持ちも高まることでしょう。

お参りが済んだら、お花とお線香以外のお供え物を墓前から下げます。
カラスなどが食べ散らかしたり腐ってしまうのを防ぐためです。
その場でいただいてもいいし、持ち帰って家族みんなで故人を思いながら
いただくのも供養になるそうです。
スポンサーサイト
2010/08/11(水) 05:45 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

菊池 寛 :

恋愛は一時の戯れではない。人生の楽しい道草でもない。感情や気分からやるべきではない。女性にとっては大切な生活の設計でなければならない。男性が一生の専門なり職業なりを選ぶくらい真剣に相手を選ぶべきである。






コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。