プロフィール

一鶴あるじ

Author:一鶴あるじ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
無料カウンター
デリヘル出会いアクセスランキング出会い系サイト
Today:

Yesterday:
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
scn12033008090001-p1.jpg

果樹や野菜の受粉に役立つミツバチや

マルハナバチを、広く使われている

ネオニコチノイド系農薬にさらすと

群れの中での女王蜂の数が減ったり

帰巣能力を失って巣の外で死んだりする

異常が起きるらしい

これらのハチでは個体数が急激に減る

「群れ崩壊症候群」(CCD)が発生

原因の一つに農薬が指摘されており

「ネオニコチノイド系農薬の使用はハチの

健康にとって明らかに脅威である」

ネオニコチノイド系農薬は、1990年代から

殺虫剤として日本を含め世界で広く使用

マルハナバチの群れを低濃度の農薬にさらすと

6週間後には正常な群れと比べて次世代を

生み出す女王蜂の数が85%少なくなった
スポンサーサイト
2012/03/31(土) 05:09 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

山本 有三 :

事実を語ることは、だれにでもできる。
が、真実で押し通すことは、
そうだれにでもできることじゃないよ。







                    
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。