プロフィール

一鶴あるじ

Author:一鶴あるじ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
無料カウンター
デリヘル出会いアクセスランキング出会い系サイト
Today:

Yesterday:
フリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
 border=

見ているだけで足がすくみ、手に汗を握ってしまう一枚

地上200メートル以上はあろうかと思われる超高層ビルの

へりに座り、この激コワ写真を撮影をしたのは

カナダの旅行カメラマン、トム・リャーボイさん

高所恐怖症の私には 魅力的な一枚である (^0^)
スポンサーサイト
2011/08/06(土) 04:45 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

豊島 与志雄 :

ヒロシマの声は最も痛切である。
ヒロシマを忘れてる人がいはしないか。
いつ如何なることがあっても、
決して武器を手に執らないとの決意が出来ているか。
ヒロシマを日本に持つことの苦難な光栄を
人類に宣言するだけの覚悟があるか。
戦争の大半は、人の心の中にある。




                    
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。